風ないス対談 タイトル画像
鈴木亜紀 vs 柴草玲

レ:柴草玲 ス:鈴木亜紀 カ:カメラの杉本文)
2011年7月30日郊外のとあるそば屋にて

柴草玲:シンガー・ソングライター。
1992年女性だけによるサルサバンド「チカブーン」にキーボーディストとして参加。
1995年脱退後は、大江千里、松山千春などのツアーサポートをするかたわら、『強く儚い者たち』『樹海の糸』(Cocco)エメラルド海岸(松田聖子)など、楽曲提供も行う。 1999年からは本格的な弾き語り活動に入り、2001年ミニアルバム『あじさい』でデビュー。以来、精力的かつマイペースな音楽活動を続けている。ピアノ、カシオトーン、最近はアコーディオンなども使いつつ、繊細で大胆な、独特の歌世界を展開している。鈴木亜紀とは、数年前からときどき『女のナカユビ』シリーズライブを行っている。

ス:えっとォー、えー、(注文)どうしようかな、厚焼き卵とか?
レ:>ああ、いいですねェ。
ここ、近いけどちょっと遠出したみたいな気分になるね。
ス:夏はコレですね。竹やぶ見ながらビール。
レ:コレですね。
(玲さん、ご当地ビールの栓をひねってあける)
ス:あ、今日すごい!力づよい柴草玲!
ス、レ:カンパーイ!
レ:おいしい。・・・うまいッスねえ。



ス:いいね、蚊取り線香の匂い。
アタシいっつも、中学、高校って、制服から蚊取り線香のにおいがしてる子だった。
レ:最近ね、昔ながらの蚊屋が欲しくってさ。
ネットとかで探してるんだけどわりと高級な世界で。
吊るところの飾りがひょうたんの形してたりして、けっこうイイ値段してるんだよね。
2万くらい。
ス:この対談企画ってさ、
普段その人がMCで言わないようなこととか、
別にオフレコ話ってわけじゃないけど、
普段特には話さないようなことを、
話すってことにしてるんだけど。
たとえば、結婚してて子供もいて、
別にそれを秘密にしてるわけでもないけどあえて話題にはしない、
みたいな人に、普段どういうお父さんなのか、とかさ。
質問するんだけどさ。
レ:うん。
ス:なんか、玲さんの場合、
・・何かについて質問しようって気にならないんだよね(笑)
レ:あははは!それは・・・ええと・・・
それはどういう意味でしょう(笑)
ス:(笑)なんか、うっかり聞いちゃうと、
ぜんぶオフレコ話になっちゃって
書けないことばっかだから!
レ:なんでも聞いて下さいよ(笑)。
ス:(笑)
レ:でも、普段地味だからさ。そんな面白い話ないんだけど。
ス:そういえばもっきりや(金沢のライブハウス)の平賀さんだっけ。
ナカユビのこと『この二人は普段すごい地味』って書いてたね。
レ:書いてたね。



カ:え、ハデってどういうこと?
レ:たとえば、楽屋でもステージでも
常にテンション変わらない人っているじゃん。
カ:ずーっとハイテンションみたいな人?
ス:あ、でも楽屋でもステージでも常に低いって意味では、
アタシも『変わらない人』かも(笑)
レ:あー(笑)アタシも、テンションの低さは、自信ある!
前さ、別のグループとそれぞれ演奏して
最後に一緒に一曲ってのがあって。
そのグループはすごいハイテンションで
イエーイみたいな人たちなんだけど、
最後に呼ばれたから出てって、
ぼーっとピアノに座ったんだけど、
『上げましょうよ、上げて行こうよ、テンション!』
て云われちゃって(笑)
ス:あはははは!
レ:うるさいよ、ほっといてくれ、って(笑)
テンション高いのがいいことだと思ってるだろって(笑)。
見た目だけで判断すんな、みたいな。
会場ひとつになろうみたいなの、すごい・・・
(トツトツと)ヤダよね(笑)
ス:うん、ポツポツ盛り上がるっていうのも、あるからね。
なにもイエーイみたいなのばっかりが盛り上がる、
じゃないからね。
レ:うん。
ス:それをやってんのにさ、まるでこっちが下がってる、
みたいな決めつけ方がね(笑)
レ:そう、わかりやすい盛り上がり方が良し、
みたいなのがあるからさ。
ス:そう。それはねえ、戦後のねえ・・・
レ、カ:戦後!
ス:戦後の・・・ビョーキだよ。



レ:でたまに無理にそういう盛り上がり方してみるとさ、
今日は盛り上がったねとか、云われるよね。
ス:ああ、あるある。でもちょっと心のどっかに
モヤモヤが残るんだけどね。本人にはね。
レ:人の受けとりかたって、違うからねえ。


レ:なんかさ、こういうとこでやってみたい、とかってある?
おっきいとことかさ。
ス:あたし?こないだ代々木体育館で人のライブ見て。
アタシがやるんだったらこうするなあ、とか考えてて。
それをウッカリ人に云ったら
『えー、そんな野心あったのー?』なんて笑われた(笑)
レ:あ、ある?
ス:いや、野心じゃないんだよねえ。
例えば今ここで(そば屋の中を指さして)
その人が歌ってたとしても、自分がやるなら
こういう風にピアノを置いて、とか考えるなあ。
レ:ああ、そうだね、人のライブって、純粋に楽しむというより、
つい自分に置き換えて考えちゃうよね。
ス:そうそう、まあ、それが純粋に楽しむってことでも
あるんだけどさ、こうなったら。
レ:うんうん。
なんかさ、昔さ、スタッフがいたときがあったの。
そのときに、将来どうなりたいか、展望を云って欲しい、
って云われたの。でもないんだよ、アタシ。
一切、そういうの。
ス:あ、わかる~!アタシも!


next画像