talk / note / etc.

1/2ページ

これまで写真に寄せられた 海外からのコメント

  • 2015.09.15

2005年、はじめての写真集『旅の空』が出版されて以来、幸運にも国内の小さなギャラリーから、思いがけずもここから世界でいちばん遠い国アルゼンチン共和国の国立図書館に至るまで、写真展開催のチャンスをいただいてきた私ですが、2006年当時、とにかくバタバタ走り回っていたので、スペイン語でメディアに載せられた以下の貴重なコメントをまとめるまで手が回りませんでした。 2015年秋になって、久々に暗室にこも […]

とっぷう対談2

  • 2013.06.15

ス:お客さんと話す、話さないの話なんだけど、私は多分すごく無防備に喋ってるように思う人もいると思う。 ふ:いやー、でもさ、そういう風に思わへんと思うけどな。 ス:まあ、主観とまた違うからね。歌ってると、ホントに、主観と客観が違うことがよくあるから、このごろは以前ほど主観にとらわれなくなったけど。 ふ:アキちゃんは、話しかけにくい、っていうか、実際に『動く』ところ見ると、途中でヘンなコーナーがあった […]

とっぷう対談1 VS ふちがみじゅんこ (歌手)

  • 2013.06.15

鈴木亜紀 VS ふちがみじゅんこ(ふちがみとふなと) (ふ:ふちがみじゅんこ ス:鈴木亜紀 カ:カメラのヨータこと片岡陽太) 2013年6月7日井の頭公園にて ふちがみじゅんこ: 自作曲、ひとの曲、両方うたう歌うたい。船戸博史とのふちがみとふなと(歌と小物)、bikkeとのJB(歌とエレピ)、喜多村朋太とのcrazy pokyu(歌とオルガン)、回数は少ないが千野秀一pとのデュオ(歌)など、気がつ […]

風ないス対談2

  • 2011.09.23

  レ:でもそのとき、この人たちガッカリさせちゃ悪いと思って、 無理矢理『オーチャードでやる』って云ったんだよ(笑) ス:(笑) レ:でも、日本にもオペラ座みたいなのがあったらいいな。 ス:あたしもさ、前、事務所所属を考えるような機会があってさ。 でもいよいよ所属しましょうって時に、作文書けって云われたの! 5年後の私はこうなっている、みたいなやつを。 レ、カ:えー!? レ:ヤダね。てい […]

風ないス対談1 vs 柴草玲 (musician)

  • 2011.09.23

鈴木亜紀 vs 柴草玲 (レ:柴草玲 ス:鈴木亜紀 カ:カメラの杉本文) 2011年7月30日郊外のとあるそば屋にて 柴草玲:シンガー・ソングライター。 1992年女性だけによるサルサバンド「チカブーン」にキーボーディストとして参加。 1995年脱退後、大江千里、松山千春などのツアーサポートをするかたわら、『強く儚い者たち』『樹海の糸』(Cocco)エメラルド海岸(松田聖子)など、楽曲提供も行う。 […]

Aki Suzuki meets Liliana Herrero (from Argentina)

  • 2006.10.23

2004年5月、アルゼンチンまでLiliana Herreroのライブを見に行き、いつか日本に来てください、と頼みました。翌年日本で、全て手焼きしたアルゼンチン写真展を開き彼女を紹介しつつ、オーマガトキレコードにCD『Confesión del Viento』の日本版『風の告白』発売を働きかけ実現、そして2006年10月、ついに初来日にこぎつけました。 アルゼンチン側ミュージシャンにMariano […]

薫風対談2

  • 2005.03.23

西:アコちゃんはさあ、どうやって詩を書くの? 鈴:アタシ~?(笑)教えて欲しいくらいですよ。 西:いや、発作的になのかさ。 鈴:ああ、そうかも。たまにしかこないからさあ、そんな発作。 西:ゼイタクだなあ、おい。そう云ってるのは。 え、恋の絶頂期かさ、失恋の時 とさ、それから恋の予感(嬉しそうに)のときかさ。 鈴:あ、でも予感の時期は大事ですねえ。想像力もすごいしねえ(笑)。 西:いやいや(笑)。ボ […]

薫風(くんぷう)対談1 vs 西川治(画家、文筆家、料理家)

  • 2005.03.23

鈴木亜紀 vs 西川治 西川さんは鈴木亜紀を『アコちゃん』と呼びます。結構好きな呼ばれ方です。すでにアーティスト西川治さんをご存知の方々はたくさんいらっしゃるとは思いますが、あらためて、私からのご紹介を。   西川治 profile 写真家、文筆家、画家。 料理人としてもテレビ、雑誌、コマーシャルなどのマスメディアで ユニークな視点から各種料理を紹介し続けている。 著書は「PASTA パ […]

南風(パイカジ)対談 vs Yae (musician)

  • 2003.12.23

鈴木亜紀 vs Yae   yae profile 故 藤本敏夫・加藤登紀子の次女。 17才のとき身体表現に目覚め、95年より音楽劇『コルチャック先生』の歌手役に抜擢される。 99年より本格的歌手として活動開始。 2001年、アルバム『new Aeon』でポニーキャニオンよりデビュー。 コンサート活動、CM、映画やゲーム(ファイナルファンタジー)の主題歌など多分野で活躍。 2003年2n […]

強風対談2

  • 2002.03.23

  鈴:アルバイトなんてどんなのやってきました? エ:いろいろあるけどね、全部サ-ビス業。 サービスしないと多分死んじゃうんだろうね。(笑)なんかね。 鈴:(大笑) エ:サービスするのってぜんぜん苦痛じゃないのよ。一番いやなのは『サービスしてて疲れない?』って云われること。水商売大好きなのね。酒好きだし。楽しくてしょうがなかったね、しかもタダ酒だし。 鈴:あたしもねえ、・・(間あって)・ […]