column

2/9ページ

<75>Q&A『よくある質問』その2

  • 2014.03.17

そこそこの量の質問、お寄せ下さりありがとうございました。 いろいろありまして遅くなりましたが、Q&A形式でお答えします。 尚、年齢、性別をお聞きしましたが、載せないことにしました。 Q1: 『ご自分の曲でオルゴールを作りたいと思われた事はありますか? もし作るとしたら、どの曲を選ばれますか?』 A1: 質問ありませんか、と質問してみるものですね。考えたこともありませんでした。 作るとしたら […]

<74> Q&A『よくある質問』本気で自問自答!

  • 2014.02.18

日ごろ、鈴木亜紀を応援、ありがとうございます。 お客さまからよくある質問および自問をQ&A形式でお答えします。 Q&A『よくある質問』本気で自問自答! Q1:『意外と小柄でびっくりしました』 A1: みんなそう云います。意外と、ということですが、本人にはこれがフツーの状態。が、たまに町でガラスに映った自分を見て、あそういえば自分て小さかったっケな、と驚くことがあります。 Q2:『ど […]

<73> 春の午后、その2

  • 2013.04.26

春になると、まるで生えたばかりの種々の小草のようなことを、なぜか書き記したくなる。 携帯の機種変更しようと、久しぶりにひとつ向こうの駅まで歩いた。 天気もいい。花粉も減った。 地球のどこかでは大きな地震の直後だし、テロの後だったりするし、浜松では大変な地滑りの直後だったりするというのに、穏やかな良い日だ。今も 福島の人たちは苦労されているし、横田夫妻は拉致問題解決のため、日々活動をされている。人生 […]

<72> 『風呂場の棚をもう一段増やす計画』頓挫

  • 2013.03.10

ワタクシごとだが、この春同居人ができた。 それにともない、風呂のタオル棚を二段に増やす必要が出てきた。 実はウチには木切れなどがたくさんあって、いつかそれで何か役に立つものを作ったら楽しかろうと、捨てずにとってあった。やっとそれらに出番がきたと喜び、寸法をはかり、天板になるものと、足になる木切れの、これから切ってもらうはずのところに線をひいて、近場のDIYの店に運んで行った。 ものごとは、そう思い […]

<71> ふんじつもの

  • 2013.02.06

人は日々、あっちこっちに何やかや落っことして歩いている。 ピアスに髪飾りはあたりまえ、入れ歯にメガネ、財布など、一点あつらえものや、生活に欠かせないもの、また毛髪や皮膚片に至っては、落としたことに気づきもしない。 駅や空港の遺失物管理室は、どんなに忙しいのだろう。私もしょっちゅうモノを落とす。腑に落ちないのは、公共の場で何か無くして、心当たりに電話をかけ、要旨を伝えても、‘じゃあ、あったら電話する […]

<70> 初めての町

  • 2012.11.14

気がつけば冬になっていた。 今年はいつにもまして旅が多かった。旅はたいして稼ぎにはならないが、やらないよりはマシである。つまり、それほど切羽詰まっているワタクシがいる。というわけで、スズキアキ、あいもかわらずです。 ふりかえれば今年、初めての町にたくさん行った。 いわき、恵庭、奄美、四日市、飛騨古川、小松、白山、高遠、安中、佐賀、山鹿、長崎。 どこでもいい出会いといいお湯に恵まれ、ちょこちょこハプ […]

<69>ボヤキマス その2

  • 2012.04.22

ホームページをリニューアルして、このさき更新などは自分でやることになった。紆余曲折あって、いろんなソフトを覚えることになってしまったが、その都度がんばった。そしたら、お、やれるじゃん。意外とパソコン関係、出来る人になってきたかも! そこで調子に乗って、目を守るのに役立つだろうと、海外の音声読み上げソフトを思い切って購入し(円高の恩恵は大して受けられなかったが)、指示どおりにインストールした。 ・・ […]

<68>雨の日の思い出

  • 2011.12.03

セルバンテス(ドン・キホーテの作者)ってひとは、子供のころからすごい読書家で、道に紙切れが落っこちていても、拾って読んだらしい。 わたしもかつて、電車の中で紙切れを拾って読んだことがある。 ちょうど今日のような雨の日、そのころ住んでいたアパートに帰る途中、競輪場へ向かう人たちが、往きに復りにと、さんざん一日乗り降りした電車の、雨で濡れた泥のこすれた床の上に、名刺より少し大きいくらいの厚紙が落ちてい […]

<67>夏も終わる

  • 2011.08.20

8月は、よく遊んだ。 予定だと今、さらに伊豆へ遊びに行っているハズだったが、事情でヤメになった。でももう十分遊んだから、ヤメになったくらいでちょうどいいか、と思いつつ、これを書いている。 8月は、ホントによく遊んだ。 京都の『ふちがみとふなと』(ワタシは以前それを、『ふちがみと』という姓に『ふなと』という名の、ひとりの人だと思っていた)と、小さな車に、ウッドベースと人間3人と旅荷物を積んで、3連チ […]

<66>うらばなし

  • 2011.07.14

4月、震災の自粛モードたけなわの頃。 一年もまえから日程を押さえられていた仕事が、ひとつとんだ。主催者は故郷しぞーかけんの、おそらくは半オフィシャルな、ある団体。しぞーかけんは、もちろん被災地ではない。富士川の向こうの、新幹線の駅が5つもある、のんびりした海辺のとあるけんです。 およそ一年の間、担当者の人とやりとりしてきた訳だが、電話のあとに必ずその内容を書面にしたものを郵送してくださるという、念 […]

1 2 9